理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

Pencilに対応した廉価版iPad(6th gen.)を買いました

こんにちは

先日の教育関係者向けのイベントでリリースされた第6世代のiPad
イベントはリアルタイムでの配信はなく、日本での販売価格は据え置き、筐体に変更は無い
それでもこのiPadが大きな話題を呼んだのは、Apple Pencilに対応したからだ。
高級機iPad Proと共に発表され、スタイラスなんて誰が使うと切って捨てたジョブズのセリフ否定するように(もっともiPhoneに対してのセリフだが)完成度の高さから品薄になる程の人気を博した製品。
それが廉価版のiPadで使えるようになったのだ。
今日は第6世代のiPad(6th gen.)とApple Pencilのレビューをしたい

 

 

 

欲しかった理由

Pencil対応のiPadの購入は、前々から検討していた

体力がないので教科書やノートを電子化して軽減したかったし、
今使っているiPad(3rd gen.)は最新のiOSに対応しておらず、楽天マガジンをはじめ使えないAppが多い。

家の中で使っているiPod touchもバッテリ的に寿命だし、Kindle Voyageも壊れてしまったので読書端末として使える大画面の端末が欲しかった。

 

質の良いスタイラス(Apple Pencil)があり、SNSやネサフ、読書ができる端末として
iPad Proの購入を検討していたが、値段がネックでおいそれと買える価格ではない。
そんな中、Pencilに対応した、手の届く価格のiPadが登場し、買い求めるに至ったのだ。

 

購入する上での懸念

此度リリースされたiPadを買う上で、気になる点がいくつかあった。

  • ディスプレイの性能
  • 新型のiPad ProとPencilの可能性
  • Smart Keyborad非対応

である。ひとつずつ見て行こう。

 

ディスプレイの性能

iPad ProではProMotionと呼ばれる技術を適用した格別なディスプレイを採用している。
精彩な色味が表現でき、反射防止コーティングが施され、通常の2倍のリフレッシュレート(120Hz)でPencilに吸い付くような描写がなされる

しかし今回発表されたiPadは高画質なRetinaディスプレイが採用されているが、あくまでも普通のディスプレイだ。

精彩な色が見れないといけないような作業をする予定はなく、コーティングも気になるのであればフィルムを買ってくればいい。

ただ気がかりなのはリフレッシュレートだ。
細かく画面の表示を更新することで、吸い付くような書き心地が実現されている以上、
通常のリフレッシュレートでどの程度の書き心地なのか、ストレスなく使えるかが焦点になる

 

新型のiPad ProとPencilの可能性

目下、2ヶ月後に迫ったWWDCで新型のiPad ProとPencil2の発表が予測されている。

iPad ProではiPhone Xと同様にFace IDが搭載され、ホームボタンがなくなり、
Pencil2はワイヤレス充電やiPadにくっつけて収納することができるようになると言われている。

2ヶ月待てば、より先進的なiPadと便利になったPencilが手に入るかもしれない、
そんな中、Pencilが使えるだけの旧態依然なiPadを買うべきかどうかも悩ましいポイントである

 

Smart Keyboard非対応

第6世代のiPadはPencilに対応したものの、
iPad Pro向けにリリースされているSmart Keyboardには対応していない

Smart KeyboardはiPad Proと物理的に接触するため安定性が高く、俗にいる風呂蓋カバーとしても機能する
打感も良く、多くの文字をタイプする人種には必要となる製品である。

しかしiPadは物理的につなげるための機構がなく、今後追加でKeyboardが発売される可能性はない

 

 

使用感と懸念への解答

発表から2日、iPadとアクセサリが届きました。
開封の儀は飛ばしていきます

カメラがフラットなのは嬉しい

 

Pencilに対する画面のレスポンス

実際にPencilで書き物をしている映像です


通常使用では問題はありませんが、やはり高速で書き込むと
描写がPencilに遅れてついてくるような感覚が否めない
Proを日常的に使っている方は違和感を覚えるだろうが、ぼくのようにProを使っていないユーザはストレスに感じるほどではない

 

iPad Proとの差異

発表が期待されるiPhone XのようなiPadが気にならないわけではありませんが、
新学期が目前に迫りつつあり、買うなら早く買いたい。

AnimojiやFace IDも喉が手が出るほど使いたいわけでもなく、
何よりiPadの倍ものお金を出してProを買うメリットが、残念ながらぼくにはない、
もちろんProにのみ備わった機能が必要な御仁はたくさんいるだろうが、ぼくの読書をしたり、ノートをとったりという使用目的では、廉価版のiPadで十分だと判断した。

Keyboardだけは、ブログやレポートがiPadで書けたら便利かなと思っていたので
これは結構悩みました。
ただKeyboardのために数万もの差額を払うのも、もったいないですし、
薄型のBluetoothキーボードや、家に余っているiMac付属キーボードを使えば良いかなと画策しています

 

 

さいごに

Pencilの遅れがやや気になる程度で(ProはAppleストアで触ったぐらいですが)
それ以外は何の不満も感じません

買った1番の目的は授業用。
重たい教科書を持ち歩くのが嫌で、教科書を自炊してKindleに入れたのはいいんですが、画面が狭かったり
なにより書き込みができないのが不便だったので、
PencilとiPadを待望していました

まだ春休み中なので、そこに関してはレビューができないのですが、新学期が楽しみです

www.apple.com