理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

はしゃさんの「フィリピンではしゃぐ。」を読みました

f:id:noc_s:20170609222521j:plain

僕の数少ない趣味の1つに「tumblrでイラストを眺める」というのがありまして
はしゃさんはその中でお見かけした
ボールペンで描かれたスッキリとしながら、温かみのある表現が素敵な方です

 

旅行がお好きということですでに何冊か旅行記を出されています
そして新刊の「フィリピンではしゃぐ。」が
名古屋のヴィレヴァンで委託販売されているときいて
(遅ればせながら)飛んで買ってきました


端的に感想をまとめると

「旅行記としては最高、留学記として(反面教師的に)良い感じ」
でした!

 

旅行記として

フィリピンでの日々(前・後日談もアリ)を着飾らず、等身大のまま描きつつ
コミカルで最後まで楽しく読めました

 

フィリピンってこんな国・文化なんだっていうことが分かり
学校の仲間たちとの楽しい日々を垣間見ることができます

それに親友・サラさんやはしゃさん自身の卒業のシーンの寂寥感がヒシヒシと伝わってきて
読んでいるこちらも物寂しくなってしまいました

 

 

留学記として

留学自体ははしゃさん自身も作中で語っていますが
「目標が低い」「途中で中だるみ」とよく見かける失敗に陥ってしまっています

他にも失敗がいくつか紹介されてますが
こういうことをあらかじめ知っておけば対策がとれるので
反面教師として、よい参考になりそうです

 

留学に対するモチベーションきっかけにもなりそう。

僕自身、語学留学ってどんな感じなのか、よく知らず
そもそも語学留学自体に興味もなく、体験談を調べようともしませんでしたが

このマンガを読んで、「語学留学行ってみたい!!」という欲求が
ふつふつと湧きあがってきまして、
フィリピンは食べ物が無理そうだな〜、ニュージーランドとか良さそうだなと
実際に各都市の特徴やかかる費用を調べたりしています

 

 

最後に

留学記はいろんな方がブログなどで公開していますが
この「フィリピンではしゃぐ。」はマンガなので読みやすい
情報量が多く読み応えがあります

楽しげな雰囲気が伝わってきて、留学してみたいなと素直に思いました

 

旅好きな方はもちろん、留学に興味がある人もない人でも楽しめる1冊だなと感じました