理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

トラベラーズノートでのスケジュール・タスク管理(2018年編)

 

 こんにちは
以前にも手帳の使い方をご紹介しましたが、
使っていく中で、しっくりこないな、使いづらいなと感じる場面がありました
「より使いやすく」を目指して日々、手帳術をアップデートしています
今日はある程度使い方が落ち着いたのと、新年で新しい手帳を用意された方も多くいると思いますので
今現在の使い方をご紹介します

 

 

不満に感じていた点

以前ご紹介した使い方で不満に感じていたのは
スケジュールとTo doに関してです

 

スケジュール管理はGoogleカレンダーを使っていて
MacやiPhone上で確認をしていたんですが、
iPhoneでは俯瞰して見れなかったり〇〇日空いてる?と聞かれてサッと確認できなくて不便でした


To doは下の画像のように
優先度と緊急度の軸を設定して、タスクを書いたふせんを貼るという方法でした

f:id:noc_s:20171029175607j:plain

 

ふせんをペタペタ貼るのは、
大学生ってレポートなど繰り返し課されるタスクが多いので、
ふせんを再利用すれば何度も書き込む必要がなく便利でした

ただ、優先度や緊急度を考えなければいけないほど
たくさんのタスクがあるわけではないので
この方法はネズミ退治に戦車を連れてくるようなもので
僕には無駄の多い方法でした

またTo doを専用のページに置いていたの
いちいち確認するのが面倒くさく、開かないまま忘れてしまうという事もありました

 

まとめると

  • スケジュールを俯瞰したい
  • To do管理を簡素化したい
  • To doを見やすいページに配置したい

という新しい要望が出たわけです

 

 

解決策

スケジュールに関してはマンスリータイプのリフィルを用いれば解決します

To doもスケジュールと一緒のページに貼れば
見逃しが減りますし、予定を立てるときもタスクを踏まえてたてやすくなります

しかし、トラベラーズノートの純正マンスリーは余白が少なく
To doを一緒のページに貼るのは少し難しい

というわけでマンスリーダイアリーをDIYするという解決策にたどり着きました

 

f:id:noc_s:20180108230316j:plain

f:id:noc_s:20180108230330j:plain

 

A4横向きに3ヶ月分のダイアリーが収まる幅で
Pagesでカレンダーを作り、それをノートリフィルの半分に貼ります

もう片方のページにTo doのふせんを貼り
さらに当月の目標を書き込むようにしました

細かく目標を設定し、それを実現するために細かくタスクや予定を組むことが
良さそうだと思っての判断です

1月の目標は定番ですが、試験期間があるので
それに向けて勉強することです

 

 

さいごに

本やネットでこれの方法は良さそうだと思って導入したり
今までの方法で不満があって改良をしたりしますが
どうしても自分には合わない部分があり、
日に日に手法を変えています

こういう使い方を自分で規定できることがアナログツールのいいところであり、楽しいところですよね

次第に自分に合ったやり方になってはいますが、
また手帳術が変わったらご紹介しますね