理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

削れを気にしないスニーカー生活を。Vibramソールを自分で張りました

 

こんにちは

突然ですが皆さんは靴のすり減りって気になりませんか?
ぼくは気になります。

全体的には綺麗なのに、かかとの部分が削れてしまって何だか格好が悪い
そんな経験を幾星霜、Vibramソール(ビブラムソール)というものにたどり着きました

 

 

 

信頼と実績のソールメーカ Vibram

Vibram(ビブラム・ヴィブラム)社はソールを専門とするメーカで、同社がつくるソールを、一般的にVibramソールと呼びます。

アウトドア分野を中心に人気だそう。
もちろんタウンユースやワーク向けのソールも製造しており、幅広い分野の靴に採用されている

高い耐久性やグリップ力に定評がある

靴に採用されて張られている場合があるだけでなく、靴修理屋で張ってもらえたり、ホームセンターやネット通販でソールだけ販売されています。

今回は楽天市場でソールを購入、自分で張って見たいと思います

 

なぜソールを張るのか

靴を履く上で避けられない問題、それがソールの削れだ。
特にぼくは歩き方が汚い(筋力不足で足が上がっていない)ので削れ方が激しい

革靴は製法によってはソールの交換が可能ですが、スニーカーは本体とソールが接着されているので交換が難しい

そこで元からあるソールの上に、あらかじめソールを張っておけば、削れても取り替えできるのでスニーカーを長く使うことができます
かかとの部分だけ切り取って、ピンポイントに張り替えることも可能だ。

それに加えて、靴底の厚みが増すのでクッション性の向上
Vibramソールの特徴である高いグリップ力を得られるというメリットもあります

 

 

実際に張ってみよう

コンバース・ジャックパーセルのレザースニーカー(26.5cm)に貼ります


購入したのはスカル柄のVibramソール、9Aサイズです

接着剤は25mLで1足のうち片方1個分の量になるので、1足で50mL分必要になります
ただ50mLでやや多いぐらいなので、薄塗りで塗れば25mLでも足りるのかもしれない(接着が甘くなりそうだけど)

スニーカーよりもひと回り大きい程度にVibramソールをカットします

 

Vibramソールの裏側(靴に張る面)をヤスリで削り、軽くザラつかせます
接着剤が触れる面積が増えて接着力が増します

Vibramソールとスニーカーにそれぞれ接着剤を塗り(カップアイスの木のスプーンとかあると塗りやすいです)、
数分置いて接着剤を軽く乾かします。これは接着剤の説明書に何分置くのか書いてあるので、その指示に従ってください

しばらく置いたら、おもむろにVibramソールとスニーカーを貼り合わせます
貼り合わせたらハンマーで叩いでしっかりとくっ付けます。
シューキーパーを入れると叩きやすいです

 

スニーカーからはみ出したソール部分を切っていきます

グラインダ・ミニルーターでもあれば楽にできるんでしょうが、
ソール部分だけを削れるようなサイズのグラインダを持っていないので
カッターでちまちま切っていきます

接着にあまり自信がなかったので、つま先やかかとなど地面を接しやすい箇所に釘を打って補強しました

以上で作業終了です
遠目では綺麗に出来上がっています


ただかかとなどRがキツく、デコボコしているとこをは汚い・・・・・・


靴底でじっと見られることもないと思うので大丈夫・・・うん、大丈夫

 

修理屋に持ち込まなかった理由と、まとめ

自分で張らずとも、靴修理店に持ち込めば取り扱いがあればVibramソールを張ってもらえます
調べた限り、価格もおおよそ7000円程度。
グラインダやリペアばさみという専用の道具を取り揃えており、とても綺麗に仕上げてくれますし、圧着機を用意しているところも多いので接着の質もかなり高い。

yourmystar.jp


今回用意したソールと接着剤が計4000円程なので、こうした機器やスタッフさんの技術力を加味すると、決して高い価格ではありません。

じゃあ何で自分で張り替えたかというと、単純にスカル柄が良かった、ただそれだけです

スカルモチーフが昔から好きなのと、一見シンプルなデザインなのに見えないところに柄物を使っているのも好きなんです

Vibramソールを扱っていますという修理屋さんは何店舗かありましたが、スカルソールが必ずあるとは限らないので、
自分でスカル柄を買い求めて、張ったのです

ただ小型のグラインダかミニルータでもないと、削るのは骨が折れますね・・・・・・
ソール張り替えるときもグラインダーでスニーカーについた接着剤を削らなきゃいけないので、買わないとな・・・

 

以上、自分でVibramソールを自分で張った話でした。

ソールを張るメリットとしては

  • 靴底が削れてもソール部分だけを張り替えることができるので長持ちする
  • クッション性やグリップ力など機能性が増す

ことがあげられます

 

ただ自分で張るのは、道具がないとかなり疲れるので
お店に頼むのが一番手っ取り早く、しかも質のいい仕上がりになるので
普段からDIYするので道具が揃ってるとか、ぼくみたいに絶対にこのソールじゃなきゃダメ!!という方以外はお店に持ち込んだ方がいいです(反面教師)