理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

2018年 買ってよかったものベスト3

f:id:noc_s:20181212215239j:plain

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」

 

師走。毎年のことながら、長かったけど気がついたら1年が終わりかけていて驚く。
今週のお題に今年買ったものがあがった。今年は色々なものを買ったし、北海道大阪・京都にも旅行に行った。今年買ってよかったものを3つ紹介したい。

 

 

3位 ロッキンユー!!!

オルタナティブ・ロックに信奉するDKを描いたマンガで、とにかく熱量がすごい。

書籍代は、小説は一度気に入ったものを何度も読み返すので、ほとんどはマンガが占める。追っているシリーズや作家さんの新刊や、気に入った既刊を細々と買い求めることが多く、まったく新しい作品に手を出すことは少ない(たいていWeb連載で満足してしまう)
2018年開始の作品で唯一買い求めたのがロッキンユー!!!だ。(といっても2017年に読み切りとしてデビュー後、2018年に連載開始したので、実質2017年開始なのだが・・・)

読み切りの時はカラー扉絵の構図や色彩感覚のセンスの良さに感嘆したのだが、連載作品は「勢い」と「熱量」で保っている気がする。
オルタナティブ・ロックへの溢れる愛、若さゆえの無謀さといった熱量が、あえて荒く描かれた線に、テンポよく進んでいく会話といった演出にのってガツンと伝わってくる。それこそぶん殴られてるぐらいの勢いで。

読んでいてこんなに熱量を感じたマンガは初めてだ。

ついでに言えば、マンガ媒体なので音楽自体を聞く必要がないのも嬉しい。作中で推してる音楽は好み外なので、たぶん映像作品だったら好きになれなかったと思う。(オルタナとかポストロックってひとまとめにされてるけど結構バンドによって音が違っていて、ぼくは米津玄師とかきのこ帝国とか沖野俊太郎とかtokyo blue weepsとかが好き)


米津玄師 MV『恋と病熱』

 

 

2位 Amazon Echo dot

声で操作できるというのはこんなにも楽なのかと感動した。

Amazonが手がけるスマートスピーカーで、小型なので場所を取らず本棚の隙間が定位置になっている。小型で手が出しやすい価格ということで音質はおざなりだが、聞き流す程度の使い方なら苦にはならない。最新型の第3世代はだいぶマシになっているらしい。

朝、身支度しながら天気予報や予定、ニュースを読み上げてくれ、日中はradikoでZIP-FMを流してくれる。
身支度しながらスマホを操作できないし、アプリの起動にかかるわずかな時間も忙しい朝にはストレスになる。radikoもスマホやパソコンで聞けるが、スマホアプリは起動が遅めだし、パソコンはうっかりブラウザごと閉じてしまうことが何度もあり、ストレスを感じていた。
スマートスピーカなら「Alexa、〜〜して」と喋るだけ喋ればそれで終わりで、シャツを着ながら日焼け止めを塗りながらでも操作ができる。

始めの頃こそ、0時を過ぎてから明日の〜時に起こしてというと24時間以上先のアラームはセットできませんやら、ZIP-FM(ジップエフエム)を「ぜっとあいぴーエフエム」と言っていたが、いつのまにか午前〜時ですねと忖度してくれるようになったし、ちゃんとジップエフエムと呼ぶようになった。

我が家にはスマート家電もなく導入する予定も今のところないので、ただの便利なスピーカーどまりだが、それでもかなりの恩恵をもたらしてくれている。

 

 

1位 サーキュレータ

www.muji.net

映えある1位は無印良品のサーキュレータだ。
無印良品のサーキュレータは風量や静音性、デザインといずれも評価が高い。

サーキュレータは扇風機とよく混同されるが、扇風機は風を肌で感じて涼み、サーキュレータが空間に空気の流れを生むのが役割だ。なのでサーキュレータは通年使う。
人工的な風は肌に当たると不快感を感じてしまうが、空間に空気の流れが生じるだけなので、肌で風を感じることはない。
しかし動かすと天井につっているモビールがゆらゆら揺れ始めるし、部屋の中の快適性が上がる。自室が空気がこもりやすく春や秋でも熱がたまって汗ばむことがあるぐらいだったのが、30℃ぐらいの気温ならエアコンをつけなくても快適に過ごせるようになった。

音も静かで弱モードだと付いていることに気づかないぐらいだ。就寝時には嬉しい。

先に取り上げた2つと比べて目に見えて感動するポイントはないのだが、確実にQoLを底上げしてくれ、買ってよかったと思っている。

 

 

さいごに

今年はEcho dotやサーキュレータ、iPadやKindleなど、嗜好品というよりは生活インフラを向上してくれるものを多く買った。一方で嗜好品はカメラのレンズやストラップなどの写真撮影を快適にするためのものや旅行など、いわゆるコト消費が大半を占めている。
来年は、イヤフォンをなくしてしまったので買い直すのと、欧州へ1ヶ月ぐらいの旅行に行きたいなと思っている。